バンコク調査団その2

水曜日, 10月 23rd, 2013

調査団の三日目は、バンコクから東南にある、うちのお客様のタイ工場を二箇所訪問させて頂きました。

どんなところで、どんな状態で事業をされているのかをこの目で見たかったので。

いろんな事が遅々として進まないとか、従業員の数やその質の確保に頭が痛い、とはおっしゃっていたものの、いずれも、順調に売り上げが伸びており、新工場の建設も計画中等、日本よりもずっと明るい張り切った感じでおられるのが印象的でした。

タイは高速道が結構整備されていますから、時間帯によって渋滞にかからなければ(これが実は問題なのですが)比較的スムーズに移動できます。

極めて順調に1時間少しで最初の工場近くへ着き、ガソリンスタンドで休憩です。

タイでは道沿いのガソリンスタンドにコンビニやトイレ、ちょっとしたカフェやレストランが付設されていることが多いです。

ちょうど日本の高速道路のサービスエリアのようなものですね。

最初の工場でお話を伺った後、次の工場の訪問時間に十分間があったので、途中で海沿いのレストランに寄って昼食を摂ることにしました。

後で聞くと、このレストランは結構有名らしく、バンコクから日帰りで行楽に来て昼食を摂るタイ人も多いとか。

海岸間近のヤシの木の間に日本のレストランと全く遜色ない、というより最近の都市近郊の寂れた日本のレストランよりずっと垢抜けた規模の大きなレストランがありました。

屋根付きの屋外テーブルで、やや湿った海風に吹かれながらタイ料理を堪能しました。

途中スコールもありましたが、バンコク周囲では見られない綺麗な海と景色を見ながらの食事は、なかなかのものでした。

その後二箇所目の工場を訪問し、午後5時の終業時になると工業団地から出るのにすごい渋滞するということで、急いでお話を聞き、工場内を見学した後、招待して頂いた夕食場所へと向かいました。

ところで、この工場見学には提携事務所で斡旋してくれた大型のバン型タクシーを使ったのですが、朝8時から深夜便で帰るメンバーを空港へ夜8時頃に送るまで、拘束12時間で4,400バーツ(約13,200円)でした。

我々が5人で食べた昼飯代の方がおそらく高かったでしょう。

日本ではどうですかね。

所長ブログ「窓辺の弁理士」を更新しました。(毎週月・水更新)

水曜日, 10月 23rd, 2013

shotyou_blog

バンコク調査団その1

月曜日, 10月 21st, 2013

このところ忙しくてこのメルマガも間が空いています。

なんで忙しいのかって?

以前にも申し上げたと思いますが、この4月から弁理士会東海支部で東南アジア知財委員会が立ち上がり、その委員長になったのですが、今月は7日から9日までバンコクの提携事務所へ委員会メンバー4人と出かけました。

何かと準備で忙しく、帰ってきたあとは溜まった事務所の仕事を片付け、報告書を書く等、なかなかゆったりと記事を書く時間がなかったのです。

調査結果は1月のセミナーで広く公表する予定なので、まあいつものごとく知財とはあまり関係ない話を。

今回は委員長としてバンコクへ行くので、いつものように自分一人のペースでやれば良いというわけには行きません。

もちろん直接実務を担当するのは優秀な他の4人のメンバーが付いているので良いのですが、全体をどう動かすかとか、向こうとの折衝は私がやることになります、当然のことながら。

提携事務所ではこちらの各担当に合わせて向こうも責任者を出してくれることになっていましたが、向こうの事務所に着くと、所長が一手に引き受けるというではありませんか。

並行して各担当者と話を進めて一日で話を済ませる計画なのに、所長一人が対応して直列的に話を進めるのではとても一日ですみません。

これではわざわざ実務者を4人も派遣した意味が無いのです。

このことはメールで前もって言っておいたのですが。

まあ、しょうがない、さっそく折衝です。

この点、気心が知れた事務所ですので、フランクに話ができます。

「あんた一人じゃとても一日で終わらないよ」てな、くだけた調子で言っても気を悪くしないので、気が楽です。

さっそくこちらの申し出を快く受け入れてくれて、各担当者に一人か二人の向こうの担当者を当ててくれ、それぞれの打ち合わせ場所も確保してくれました。

やれやれです。

初めての事務所だとこうはいかないでしょうね。

どこへいっても結局は人間関係ですね。