梨や桃

どうも食べ物の話が多いですが、スイカが終わり、今頃から梨とか桃が出てくるんですかね。

昔はもう少し遅かったような気がしますが。

それに梨でも桃でも昔はもっと小さかったですよね。

今は、これ梨?なんて思わず尋ねてしまうような、赤ちゃんの頭ほどの梨がありますから。

それに今は出始めだからでしょうが、梨も桃も立派な箱に入り、紙包みに包まれてますね。

そこへ行くとバナナを初め、グレープフルーツ、オレンジのような輸入果物は相対的に安いです。

良く解りませんが、円安でしかも関税がかかっていてこの値段なんですかね。

となるとTPPとやらで関税が撤廃されたらもっと安くなるわけですね。

安い輸入物に対抗できる高品質の、日本人の細やかさを駆使した高級果物を作っていくのが農家生き残り策の一つだ、という論があります。

でもちょっと待てよ、と。

その高品質の果物は果たして日本の庶民の口に入るのか、と。

日本の庶民は外国製の、おそらく農薬漬けの果物を食べ、海外の人(もちろん金持ち)が日本製のきめ細やかな管理をした安全で美味しい果物を食べる、ということにならないでしょうか。

世界に伍していくために農業も大規模化を、という論もありますが、本当でしょうかねー。

小規模の農家が、自分達が食べるものと同じ果物を作って、それを集積して消費者に配るのと、大企業が効率的に作った果物を大規模に流通させるのと、どっちが食の安全を保てるのでしょうか。

家の者の買いものに付き合ったスーパーで、こんなことを考えました。

Comments are closed.