酒とワイン

酒は長らく一級酒と二級酒にランク分けされておりました。

一級酒は多くが灘の酒だったような気がします。

一級酒は当然値段が高く、結婚式とか正月の儀式の時にしか出されないので、「一級酒」と聞くと、ありがたく頂戴していました(と思う。なんせ大部分の時期が未成年にかかる頃のことなので)。

その頃の一級酒は甘口で、まあ癖が無いと言えば無いような、変なものが混ざってないという感じではありました。

そこへいくと二級酒は雑酒という感じで、上品さに欠ける、という感じでしたね。

焼酎に至っては、金の無い時に、アルコールなら何でも、という際に飲むものでした。

学生の頃は、洋食に合わないということで酒は敬遠され、かといってジョニ黒のような高級酒は飲めるわけもなく、ウイスキーなら安いサントリーレッドをコーラで割って飲むか、まあ大抵はビールでした。

ワインは舶来物(古い?)ということもあって、気軽に飲むものという感じはありませんでした。

それが今やワインは、もちろん高いものもありますが、安いものも多く出回り、手軽に飲むことができます。

私はといえば、ワインはそれほど好きというわけではなく、味の違いもさっぱり判りません。

ただ、この間ワイン好きのお客様と飲んだのですが、ワイン好きは、どこどこ産の何年物が美味い、なんてことまで拘るようです。

ワインは言ってみれば西洋の地酒ですね。

その土地々に異なる味の銘品があるようです。

日本酒も一級・二級の枠がとれて、昔なら二級酒だった(おそらく)幻の地酒なんてのが、もてはやされています。

焼酎に至っては、なんでこんな高いの、というような幻の焼酎なんてのもあります。

まあ悪いことではないですね。

この夏に木曽へ行った際に購入した地域限定の地酒も、結構美味しかったです。

旧知のバンコクの事務所のフランス人の所長は日本へ来ると「SAKE」なんて言って、日本酒ばかり飲んでいます。

ワインがフランスの文化なら、日本酒は日本の文化なので、いつまでもワインと張り合って健在でいて欲しいと思います。

Comments are closed.