5/13~我が国において意匠の国際登録制度が利用可能に

(概要)

従来、自らが創作したデザイン=意匠について世界各国で保護を受けようとすると、各国にそれぞれ出願の手続きをしなければなりませんでした。

しかし、5 月13 日に日本において国際条約が発効したため、日本の出願人も国際事務局に出願手続きを一つすることで、保護を受けたい各国にまとめて手続きしたものと扱ってもらえます。

その後、国際事務局は出願人が指定した各国に情報を流し、実体的な審査を行う国は審査の結果を事務局に報告、実体的な審査を行わない国ではそのまま意匠が保護されます。

保護された意匠は国際事務局が管理しており、各国ごとに権利の更新手続きなどをしなくても国際事務局にのみ行えば良いため、管理が容易になるという利点があります。

下図は極めて簡単にまとめた流れです。

 

詳しい内容は経済産業省のニュースリリースをご覧ください。

Comments are closed.