バンコク調査団その2

水曜日, 10月 23rd, 2013

調査団の三日目は、バンコクから東南にある、うちのお客様のタイ工場を二箇所訪問させて頂きました。

どんなところで、どんな状態で事業をされているのかをこの目で見たかったので。

いろんな事が遅々として進まないとか、従業員の数やその質の確保に頭が痛い、とはおっしゃっていたものの、いずれも、順調に売り上げが伸びており、新工場の建設も計画中等、日本よりもずっと明るい張り切った感じでおられるのが印象的でした。

タイは高速道が結構整備されていますから、時間帯によって渋滞にかからなければ(これが実は問題なのですが)比較的スムーズに移動できます。

極めて順調に1時間少しで最初の工場近くへ着き、ガソリンスタンドで休憩です。

タイでは道沿いのガソリンスタンドにコンビニやトイレ、ちょっとしたカフェやレストランが付設されていることが多いです。

ちょうど日本の高速道路のサービスエリアのようなものですね。

最初の工場でお話を伺った後、次の工場の訪問時間に十分間があったので、途中で海沿いのレストランに寄って昼食を摂ることにしました。

後で聞くと、このレストランは結構有名らしく、バンコクから日帰りで行楽に来て昼食を摂るタイ人も多いとか。

海岸間近のヤシの木の間に日本のレストランと全く遜色ない、というより最近の都市近郊の寂れた日本のレストランよりずっと垢抜けた規模の大きなレストランがありました。

屋根付きの屋外テーブルで、やや湿った海風に吹かれながらタイ料理を堪能しました。

途中スコールもありましたが、バンコク周囲では見られない綺麗な海と景色を見ながらの食事は、なかなかのものでした。

その後二箇所目の工場を訪問し、午後5時の終業時になると工業団地から出るのにすごい渋滞するということで、急いでお話を聞き、工場内を見学した後、招待して頂いた夕食場所へと向かいました。

ところで、この工場見学には提携事務所で斡旋してくれた大型のバン型タクシーを使ったのですが、朝8時から深夜便で帰るメンバーを空港へ夜8時頃に送るまで、拘束12時間で4,400バーツ(約13,200円)でした。

我々が5人で食べた昼飯代の方がおそらく高かったでしょう。

日本ではどうですかね。

バンコク調査団その1

月曜日, 10月 21st, 2013

このところ忙しくてこのメルマガも間が空いています。

なんで忙しいのかって?

以前にも申し上げたと思いますが、この4月から弁理士会東海支部で東南アジア知財委員会が立ち上がり、その委員長になったのですが、今月は7日から9日までバンコクの提携事務所へ委員会メンバー4人と出かけました。

何かと準備で忙しく、帰ってきたあとは溜まった事務所の仕事を片付け、報告書を書く等、なかなかゆったりと記事を書く時間がなかったのです。

調査結果は1月のセミナーで広く公表する予定なので、まあいつものごとく知財とはあまり関係ない話を。

今回は委員長としてバンコクへ行くので、いつものように自分一人のペースでやれば良いというわけには行きません。

もちろん直接実務を担当するのは優秀な他の4人のメンバーが付いているので良いのですが、全体をどう動かすかとか、向こうとの折衝は私がやることになります、当然のことながら。

提携事務所ではこちらの各担当に合わせて向こうも責任者を出してくれることになっていましたが、向こうの事務所に着くと、所長が一手に引き受けるというではありませんか。

並行して各担当者と話を進めて一日で話を済ませる計画なのに、所長一人が対応して直列的に話を進めるのではとても一日ですみません。

これではわざわざ実務者を4人も派遣した意味が無いのです。

このことはメールで前もって言っておいたのですが。

まあ、しょうがない、さっそく折衝です。

この点、気心が知れた事務所ですので、フランクに話ができます。

「あんた一人じゃとても一日で終わらないよ」てな、くだけた調子で言っても気を悪くしないので、気が楽です。

さっそくこちらの申し出を快く受け入れてくれて、各担当者に一人か二人の向こうの担当者を当ててくれ、それぞれの打ち合わせ場所も確保してくれました。

やれやれです。

初めての事務所だとこうはいかないでしょうね。

どこへいっても結局は人間関係ですね。

バンコクセミナー

水曜日, 3月 13th, 2013

先週の月曜日と火曜日の二日間バンコクで弁理士会のセミナーが行われました。

今回で5回目になります。

二年に一度ですからもう10年になるわけで、私はこれに初回から参加しています。

そろそろ辞める潮時ですね(笑)。

今回は司会もスピーカもやらなくて良かったので気が楽でした。

ただ、グループごとに分かれて討論するセッションがあり、あるグループのチューターをやりました。

ここで痛感したのが英語のヒヤリングですね。

どうも私は人の話を聞く癖がついていないのか(笑)、ヒヤリングの能力が他人より劣るようです。

どうしたものかと考えた結果、以下のようなことをやることに決めました。

CNNを聞くときに30分間は集中して聞く。

といっても、いつも途中で気が散って他ごとを考えたりしていたので、通訳の真似事をすることにしました。

つまりCNNを聞きながら分かった単語をパソコンにメモし、聞き終えた後にそのメモに基づいてそれまでの話を日本語で再現します。

つまり通訳をしている気分ですね。

こうすると、仮想の誰かに通訳しなければならないので結構集中してストーリーを聞きます。

良い感じなので、しばらくこれを続けてみようと思います。

さてどうなりますか。

バンコク滞在記その12

水曜日, 8月 1st, 2012

事務所滞在最後の日(6月22日)は昼御飯を屋台で購入することにしました。

というのは外のレストランへ昼食を食べに行っているのは事務所メンバーでは少数派のようだし、かといって昼時に弁当を食べているシーンを見たことも無いので、さてどうしてだろうと疑問に思っていました。

そこで、聞いてみると、事務所の奥に食堂のような部屋があって、そこで弁当や屋台で購入した食べ物を食べられるようになっているとのこと。

さっそくその部屋を見てみると、テーブルや台所、冷蔵庫、電子レンジなどがセンス良く配置されていました。

ここで、各自適当に食事をとっているようです。

そこで、私も屋台で食べ物を調達して、ここで食べることにしました。

インベスティゲーターのH嬢が適当な屋台を紹介してくれる、ということで、さっそくそこで、御飯とおかず、果物を仕入れてきました。

充分な量を買い込んでも、値段は500円以下です。

私はかなり買い込んだので500円くらいになりましたが、普通は300円くらいだろうと思います。

昼の時間はそれほど厳密には決まっていないようで、昼頃になると皆適当に食堂部屋に食べに来るようでした。

私が食堂部屋へ行くとたまたま商標担当のCさんが居たので、適当に話しながら食事をします。

彼は弁当でした。

誰が作ってくれたのか聞くと、お母さんだとのこと。

お母さんは大学の先生をしているそうです。

彼は独身なのですがフィアンセが居るとのことだったので、結婚したら奥さんが作ってくれるのかな、と言うと、いや今までどおりお母さんだろうとのこと。

フィアンセは弁護士で、忙しいから弁当は作ってくれないだろう、とのことでした。

結婚しているもうひとりの男性メンバーに聞いても、弁当はお母さんが作ってくれる、とのことでした。

ここも奥さんはタイ語-日本語の翻訳者で、バリバリ働いているようです。

タイでは息子の弁当をお母さんが作っても、嫁姑の問題は全く起きないようです(笑)。

食堂部屋で事務所のメンバーといろいろ話をすると、タイ社会の真相(大袈裟?)が解明できるような気がしましたが、残念ながら事務所滞在はここまでで、これは今後の宿題になりました。

バンコク滞在記その11

月曜日, 7月 30th, 2012

事務所滞在3日目(6月20日)の早朝に、日本人スタッフのFさんに誘われてバンコク在住の日本人若手ビジネスマンの朝食会に参加しました。

場所はメンバーの一人が経営しているレストランです。

そのレストランは、店内デザインも垢抜けていて、特にメニューを調べたわけではないですが、カツドンとか卵ドンブリといった古い(?)日本料理屋の定番というよりは、若者向けやフュージョン系の日本料理を出すような雰囲気でした。

件のメンバーは、本職は店舗デザイナーであるらしく、飲食店以外に、ショーのブースデザインも手がけているようで、現在はベトナムで開催される自動車ショーのブースデザインの仕事が入っているとのことでした。

こちらへ来ている若者はもともとアグレッシブなんでしょうが、ビジネスチャンスを狙って積極的に活動しているハツラツさが感じられます。

滞在の最後の日に、件のメンバーが紹介してくれた(デザインを手がけた?)日本レストランへ行きました。

古い家屋を改造した洒落たデザインのところで、出てきた料理は魚や肉、野菜等の食材も吟味されているようで、なかなか美味しかったです。

値段も日本のこの種のレストランと同程度ですから、現地価格からすると結構高いです。

ホテルのレストラン並みの値段です。

しかし、味はホテルのレストランよりずっと良いですから、お得感はあります。

私の見るところ、バンコクでは従来の日本居酒屋と接待用の高級日本料理屋の間に、このようなデザイン系日本レストランが増えている気がします。

これは、顧客となる日本人や中流タイ人の間にサービス業種のホワイトカラー層が増えていて、デザイン感覚が鋭くなっているからではないか、と密かに私は考えています。

したがって、これからはタイで意匠や商標の重要性がより高まるのではないでしょうか。

バンコク滞在記その10

水曜日, 7月 25th, 2012

明けて火曜日(6月19日)は、日本人スタッフのFさんに、夕食を一人で食べるのは淋しい、と話したら、G嬢、H嬢と二人の女性スタッフを誘ってくれて、4人で夕食を採ることになりました。

ホテルのバイキングです。

洋食から和食まで幅広くありましたが、はっきり言って、余り旨いとは思いませんでした。特に和食は。

豪華で高いだけで、余り旨くない、というのは日本でも同じですね。

そういえば、以前バンコクの高層ホテルの屋上にある有名なレストランで夕食を食べたことがあるのですが、そんなに旨いとは思わない地中海ヒュージョン料理とかで、二人で5万円弱とられたことがありました。

いやー、やっぱり、屋台が一番です。

でもまあ女性を招待するとなると屋台ではまずいので、便利でお手軽なホテルになるのですが、本当はソイの奥まったところにあるレストランなんかが、リーズナブルな値段で美味しく、かつ雰囲気もあると私は思います。

ただ、そういうところはクルマで行く必要がありますし、分かり難いところにあるので、下調べが必要なんです。

それはそれとして、一緒に食事した女性は、一人がフランス語からタイ語への翻訳者、もう一人はサイバーインベスティゲータという聞きなれない職務でした。

彼女はフィリピン生まれで、タイの大学を出たそうです。

で、サイバーインベスティゲータは何か、というと、顧客から依頼されてインターネット上で商標や意匠がパクられていないか、著作権が侵害されていないかを終日チェックする役目なんだそうです。

侵害を発見すると、事務所内の弁護士に通報し、弁護士が侵害者に警告します。

警告すると多くは収まるようですが、時に警告が無視される場合は、経済警察に通報して手入れをしてもらう、とのこと。

タイでは未だ模倣品が多く出回っており、月に10件から20件くらい侵害品を見つけてしかるべき処置を採っているそうです。

これはボランティアではなく、当然クライアントからお金をとってやっているわけです。

費用はいくらかと聞くと、ケースバイケースだけど6~8万/月くらいかな、と言ってました。

タイのIP関係の侵害事件は80%が刑事裁判となります。

単純な模倣品が多いということと、刑事裁判の方が弁護士費用がかからず安価だということが主な理由なようです。

バンコク滞在記その9

月曜日, 7月 23rd, 2012

昼からは事務所のメンバーを集めてもらって、事務所と名古屋のことをプレゼンしました。

予め写真入りの資料を作っていき、話の順序もだいたい考えておいてので、スムーズに終えることができました。

まあ、プレゼンくらいならば、ある程度こなせる自信は付きましたね。

受付のE嬢は朝と昼からの2回、コーヒーと水を持ってきてくれます。

所長並みの待遇ですね。

こりゃ自分の事務所より数段居心地が良いですわ。

今回は日本の仕事をかなり持ってきているので、午後からはせっせと仕事をします。

まあ、日本の仕事をしていては、あまりこの事務所に居る意味がないのですが、タイでの仕事があるわけではないので、しょうがないです。

それでも、今までバンコクの他の事務所へ依頼していて、まだ出願中の特許出願が何件かあるので、これの情況を確認するためにタイ特許庁(DIP)のデータベースで調べてもらいました。

うーん。タイの審査は遅いですね。

出願公開(この時期は法律に明定されていない)から5年の間に審査請求でき、審査国で特許になったクレームに一致させる補正をすれば比較的早期に特許になる、と言われますが、そのようにした出願でも、もう1年半くらいほったらかしになっています。

いつ特許にしてくれるんですかねー。

とにかく審査官の数が足らない上に、理系の卒業生の数が少なく引く手あまたなのか、DIPの審査官も余り優秀なのがいないような気がしますねー。

この辺りは統計的にも裏付けられていて、マレーシア、インドネシアやベトナムの方が審査官の数が多いし学歴も修士や博士が結構居ますね。

タイもこの辺りの手当て早くしないと、他の国に遅れてしまうのではないかと密かに危惧します。

まあ、特許の存続期間の終期は出願から20年なので、そのうち事態が改善されることを期待して特許出願しているというのが現状でしょうか。

なので、おそらく現状では商品の保護は意匠や商標に頼らざるを得ないかな、という気がします。

それと、外国企業は余り使わない小特許をうまく使うことですね。

これは存続期間の終期が10年と短いですが、無審査で、しかも進歩性が問われないので、簡単なものや流行性のあるものは有効だと思います。

もっと利用すべきだと思いますねー。

てなことで、第一日は無事終了です。

今日(6月18日)は宿の近くの、通路の一部まで店内に取り込んような、オープンなタイ料理屋で食べるかなー。

バンコク滞在記その8

水曜日, 7月 18th, 2012

確認してみると、バンコクでは光ケーブルはまだ一般的ではなく、ADSLだとのことです。

メールはもちろん、インターネットの閲覧も問題なくできますが、Skypeができるか心配だったので、さっそく名古屋の事務所との間で試してみました。

パソコンに小型のCCDカメラを付け、マイク一体型のイアホンをつないで、名古屋の事務所を呼び出します。

呼び出し中はちょっと心配でしたが、すぐに明瞭な所員の顔が映りました。

話をすると、隣にいるかのようにはっきり聞こえます。

要するにテレビ電話ですね、それもタダの。

世の中、便利になったものです。

さっそく遊びで、CCDカメラを取り外し、ぐるりと回して、部屋の様子を写します。

名古屋では良く見えているようで、「なかなか良い雰囲気の事務所ですねー」なんて声が。

これなら書類をカメラで写しながら、これがこうで、といった話もできそうです。

後日、ここの事務所のメンバーも、Skypeのテレビ電話でクライアントや他国の支所とやりとりしているらしいところを目撃しました。

秘密事項もあるでしょうから敢えて尋ねませんでしたが。

こういう点は、日本より進んでいるような気がします。

確かに直接会う必要のある議題もありますが、テレビ電話でも充分、というのも結構ありますからね。

さて、そのうちに昼になりました。

顔見知りのBさんが昼飯に誘ってくれました。

このBさん(特許担当です)と、商標担当のCさん(メールでやりとりしたことがありますが、会うのは2回目。1回目は会議だったので私的な話はしていません)、それと同じく商標担当のD嬢が一緒です。

昼飯は近くのホテルでした。

後でCさんに聞くと、ホテルで食べるのはお客さんと一緒の時くらいだそうです。

まっ、一応初日はお客として誘ってくれたわけです。

ホテルのタイレストランで、日本へ来た際の約束であったカウマンガイを奢ってくれました。

初日に食べた庶民的な店のものとどっちが旨いかって?

もちろん庶民的な店に軍配があがります。これは日本と同じですね。

こういう御飯時のたわいのない話というのが、英語だとちと辛いですね。

プレゼンのようなものは予め話す内容を考えているので単語につまることは余り無いのですが、たわいのない話の場合は、話題がどこに飛ぶのか分からないので、簡単な単語が思い出せない、ということが良くあります。

これの対策としては、正確な英語ということで身構えると余計に単語を思い出せないので少々間違っても良いや、と開き直ることと、普段から英字新聞なんかを読んで単語力をつけておくこと、さらに私の場合は、日本で電車の中や歩いている時に英語での会話を想定して思い出せない単語をすぐ確認する(iPhoneに入れている和英辞典が役に立ちます)くせをつけています。

まあしかし努力はしていますが、この歳になると確認した単語も右から左へ素通りして一向に覚えられないので、会話につまることもしばしばです。

この場合、熟語で考えようとしないで、この熟語をもう少し簡単な説明的表現に変えてこれを英語化するということを頭の中で素早く行えるようになれば、会話に詰まることは少なくなります。

それでも単語が出てこない場合は、「Sorry」と言って、iPhoneの和英辞典を引きます。

てなことで、昼飯時の会話もなんとか乗り越えました。

バンコク滞在記その7

月曜日, 7月 16th, 2012

今日(6月18日)はバンコクの特許事務所へ初出勤(?)です。

まあ、出勤といっても事務所の従業員として働くわけではないので、気楽といえばそうですが、何回か行っているとはいえ、滞在するとなると少し緊張しますね。

件の事務所はバンコクの高架鉄道BTSの駅から近いところにありますから、アクセスは便利です。

今回は事務所からは駅を挟んで反対側ですが、近くに投宿しているので、歩いて10分くらいで事務所の入っているビルに到着できます。

事務所は24階建てのビルの14階にあります。

イギリス系の事務所ということもあって、受付けあたりから部屋内のデザインまで、私が知っている日本の一般の特許事務所よりはずっと垢抜けています。

エレベータを降りて、勝手知ったる(?)事務所の入口に到着しますが、ここはキーカードが無いと入れません。

扉が透明で中の受付けが見えるので、受付嬢(彼女の名前は後で確認しました。この時点では知りません)に手を振って開けてもらいます。

話は通じていたようで「ケンさん?」ということで、そのままガラス張りの、普段は打合せ場所だという比較的小さな、しかし真ん中に充分大きな机のある綺麗な部屋に通されました。

ここを一週間の滞在場所として提供してくれるようです。

この部屋に着くまでに、大部屋を通ります。

所員は皆机に座ってパソコンを眺めています。

最初から「やあやあ」と入っていくわけにも行かないので、ここは大人しく通り過ぎました。

通された部屋には、インターネットに接続できるようにと、パソコン用の電源とLANケーブルが既に準備されていました。

所長は欧州出張中(メールを貰っていました)なので、所長秘書のA嬢(メールは何回かやり取りしたことがありますが、会うのは今回が初めてです)に挨拶をし、土産を渡します。

皆に自己紹介したいのだけど、と言うと「じゃ、昼から、1時半ころからでどう?」とのこと。

てなことで、昼から、さっそく皆の前でプレゼンです、というほど大袈裟ではないものの、日本語でならどうということもないですが、英語なので、ちょっぴり緊張しますね。

プレゼンは昼からになったし、午前中は日本との通信確認と日本から持ってきた仕事を処理することにします。

バンコク滞在記その1

火曜日, 6月 26th, 2012

今回から暫く、バンコク滞在記をお送りします。

以下は、過去の出来事ですが、現在進行形で報告します。

バンコクの空港に到着しました(実際は6月16日(土))。

これから一週間、バンコクの提携(殆ど出願は出してません、今のところ。

ただ仲が良い、と自分で勝手に思っている)事務所に滞在します。

最近日本人スタッフが入ったのですが、日本語で話したのでは来た意味が無い、できるかぎり、というか、基本的にブロークンでも英語を使おう、と決心しているので、何となく胸が高まりますね。

最近は空港からタクシーを使わず、エアポートリンクとBTSを乗り継ぎます(これだと70バーツ(約200円)程度で目的地近くへ行けます)。

タクシーだと300~400バーツくらいとられますから。

日本円に直すと普通の値段なんですけどね。

空港から今回はBTSのナナ駅までです。

事務所がその駅の近くにあるので、今回の宿は同じ駅の近くにとりました。

相変わらず下りのエスカレータが無いので、重いラゲージを持ち上げて階段を降ります。

先回は宿の場所を探すのに苦労しましたが、今回は比較的単純な道筋で直ぐに見つかりました。

やれやれです。

だいたいバンコクのソイ(小路)には名前と番号が付いてはいるものの、表示が殆どありません。

したがって、目の前のソイがどのソイなのかがほとんど分からないのです。

しかもソイの名前や番号の付けかたにどのようなルールがあるのか、同じストリートに面したソイで突然名前が変わったり、ストリート自体の名前が途中で変わったりします。

こういうカオスのようなバンコクで宿に入って、やれやれ一服。

とりあえず明くる日は日曜日なので、件の事務所のシニアアソシエートの女性とデートです。

嘘、日本人が余り行かない水上マーケットへ連れて行ってくれるそうです。

この続きはまた。