バンコク調査団その2

水曜日, 10月 23rd, 2013

調査団の三日目は、バンコクから東南にある、うちのお客様のタイ工場を二箇所訪問させて頂きました。

どんなところで、どんな状態で事業をされているのかをこの目で見たかったので。

いろんな事が遅々として進まないとか、従業員の数やその質の確保に頭が痛い、とはおっしゃっていたものの、いずれも、順調に売り上げが伸びており、新工場の建設も計画中等、日本よりもずっと明るい張り切った感じでおられるのが印象的でした。

タイは高速道が結構整備されていますから、時間帯によって渋滞にかからなければ(これが実は問題なのですが)比較的スムーズに移動できます。

極めて順調に1時間少しで最初の工場近くへ着き、ガソリンスタンドで休憩です。

タイでは道沿いのガソリンスタンドにコンビニやトイレ、ちょっとしたカフェやレストランが付設されていることが多いです。

ちょうど日本の高速道路のサービスエリアのようなものですね。

最初の工場でお話を伺った後、次の工場の訪問時間に十分間があったので、途中で海沿いのレストランに寄って昼食を摂ることにしました。

後で聞くと、このレストランは結構有名らしく、バンコクから日帰りで行楽に来て昼食を摂るタイ人も多いとか。

海岸間近のヤシの木の間に日本のレストランと全く遜色ない、というより最近の都市近郊の寂れた日本のレストランよりずっと垢抜けた規模の大きなレストランがありました。

屋根付きの屋外テーブルで、やや湿った海風に吹かれながらタイ料理を堪能しました。

途中スコールもありましたが、バンコク周囲では見られない綺麗な海と景色を見ながらの食事は、なかなかのものでした。

その後二箇所目の工場を訪問し、午後5時の終業時になると工業団地から出るのにすごい渋滞するということで、急いでお話を聞き、工場内を見学した後、招待して頂いた夕食場所へと向かいました。

ところで、この工場見学には提携事務所で斡旋してくれた大型のバン型タクシーを使ったのですが、朝8時から深夜便で帰るメンバーを空港へ夜8時頃に送るまで、拘束12時間で4,400バーツ(約13,200円)でした。

我々が5人で食べた昼飯代の方がおそらく高かったでしょう。

日本ではどうですかね。

バンコク調査団その1

月曜日, 10月 21st, 2013

このところ忙しくてこのメルマガも間が空いています。

なんで忙しいのかって?

以前にも申し上げたと思いますが、この4月から弁理士会東海支部で東南アジア知財委員会が立ち上がり、その委員長になったのですが、今月は7日から9日までバンコクの提携事務所へ委員会メンバー4人と出かけました。

何かと準備で忙しく、帰ってきたあとは溜まった事務所の仕事を片付け、報告書を書く等、なかなかゆったりと記事を書く時間がなかったのです。

調査結果は1月のセミナーで広く公表する予定なので、まあいつものごとく知財とはあまり関係ない話を。

今回は委員長としてバンコクへ行くので、いつものように自分一人のペースでやれば良いというわけには行きません。

もちろん直接実務を担当するのは優秀な他の4人のメンバーが付いているので良いのですが、全体をどう動かすかとか、向こうとの折衝は私がやることになります、当然のことながら。

提携事務所ではこちらの各担当に合わせて向こうも責任者を出してくれることになっていましたが、向こうの事務所に着くと、所長が一手に引き受けるというではありませんか。

並行して各担当者と話を進めて一日で話を済ませる計画なのに、所長一人が対応して直列的に話を進めるのではとても一日ですみません。

これではわざわざ実務者を4人も派遣した意味が無いのです。

このことはメールで前もって言っておいたのですが。

まあ、しょうがない、さっそく折衝です。

この点、気心が知れた事務所ですので、フランクに話ができます。

「あんた一人じゃとても一日で終わらないよ」てな、くだけた調子で言っても気を悪くしないので、気が楽です。

さっそくこちらの申し出を快く受け入れてくれて、各担当者に一人か二人の向こうの担当者を当ててくれ、それぞれの打ち合わせ場所も確保してくれました。

やれやれです。

初めての事務所だとこうはいかないでしょうね。

どこへいっても結局は人間関係ですね。

金沢へ行ってきました

月曜日, 8月 26th, 2013

先日、講演で金沢へ行ってきました。

地元の中堅企業や特許事務所の方を対象に、タイ、インドネシア、ベトナム、シンガポールの知財について話を、ということだったので。

まだまだ不十分ですが、現状で分かっている範囲でお話しして、今後の企業活動の参考にして頂ければ、ということでお引き受けしました。

金沢へは昔から名古屋からの直行で「しらさぎ」があります。

新幹線ができて以降は米原での乗り換えが多いようですが、私は昔の旅情(?)を楽しみたくて名古屋から在来線の「しらさぎ」を利用しました。

3時間の道中で講演資料に目を通したり、若干仕事もしたかったので、グリーンを奮発しました。

新幹線に比べるとグリーンといっても、ちょっとショボイ(古い)感じですが、シートが大きくクッションも良いので、3時間の乗車もあまり疲れませんでした。

それほどゆっくり車窓の風景を楽しむというわけにはいかなかったという理由もありますが、どこまでも広がる水田と山並みという日本的風景はあったものの、名古屋・東京間の新幹線の車窓の風景の方がもっと見出があるなー、と思いました。

何故ですかねー。

景色の良さそうなところは殆どトンネルに入ってしまうからかもしれません。

景色は残念ながら期待ほどではなかったものの、帰りに土産にと買った蒲鉾と酒は旨かったです。

そういえば、金沢・富山辺りは蒲鉾が有名でしたかね。

酒は店の人がお勧めの、金沢周辺でしか売られてないという銘柄でしたが、これが蒲鉾と合うんですよね。

いつも思うのですが、この狭い日本に、信じられないくらいバラエティに富んだ食べ物や飲み物がある。

この豊かさを、いつまでも大事にしたいですね。

東南アジア知財委員会

水曜日, 4月 17th, 2013

弁理士会の東海支部ではこの度「東南アジア知財委員会」を立ち上げることになりました。

東南アジア、つまりASEANですね。

私の好きなタイを始めとして、マレーシア、インドネシア、シンガポール、ベトナム、フィリピン、シンガポール、ブルネイ、ミャンマー、ラオスと、現在10カ国が加盟しています。

一口に東南アジア知財といっても、開発途上国に共通の問題はあるにしても各国毎に制度は異なりますから、EUのように統一された一つの制度を調査研究すれば良い、というわけにはいきません。

そこで、初年度の今年はこの地の自動車産業に縁の深いタイとインドネシアをターゲットにする予定です。

実は私は本年、この委員会に絡むことになりそうです。

タイも東南アジアも好きなので、この委員会に絡むことはむしろ望むところなのですが、欧米や中国のようには纏まった情報が無く、手探り状態でスタートしなければなりません。

新たな委員会では、調査研究の成果を会員や一般企業の方に解かり易くかつ簡単に利用できるような形で公開することを目指していくつもりです。

解かりやすくすると往々にして正確さに欠けることがありますが、堅苦しい文章ではなく可能な限りビジュアルな報告となるよう留意していこうと思っています。

さてどうなりますか、ご期待下さい。

タイ進出のお客様を訪ねて

月曜日, 3月 11th, 2013

先週、弁理士会のセミナーでバンコクへ行きましたが、セミナーのついでにバンコク郊外のチョンブリで現地会社を設立されたお客様のところへ立ち寄らせて頂きました。

大企業の工場群が入居するアマタ工業団地の中を通り抜けてその近くにある、ローカル用(と思われる)の貸店舗に入っておられます。

まだ、こちらへ進出されて1年も経っておられないため、日本では大きな工場を持った中堅の会社ですが、タイの工場は、工場というより町工場という雰囲気です。

人員は社長と日本人スタッフが一人、タイ人従業員が5・6人という感じです。

ただ、何といってもそのうち顧問格でおられるタイ人の方がキーパーソンですね。

この方は以前はバンコクの日本商社におられたとかで、日本語ができる上に、タイの政府筋にもいろいろコネクションがあるそうです。

やっぱり現地で活動するにはどうしても現地のパートナーが必要不可欠ですね。

社長さんは日本の本社でも役員ですが、ここでは町工場から再度企業を立ち上げる喜びに溢れた(私の印象です)感じです。

もちろん苦労はあるでしょうが、それを超えた将来への楽しみを持っておられるからなのでしょう。

実際、来年までにはローカルが建設した工場の一部を借り受けて、本格的な工場(25m×40m)を操業されるそうです。

そしてここへきて、大会社の工場新設に伴った設備の大型受注を獲得したそうで、大いに張り切っておられました。

写真は、1階(3階建)の作業場で、大型受注に伴う試作品を製作中のものです。

制御盤の部品なんかは輸入が殆どなので高いが、制御盤の製作を請け負えるローカル企業もチョンブリ辺りで探せば結構あるので、今後はそういうところとうまく連携しつつ仕事をこなして行きたいと仰っていました。

タイの明るい陽光の下、タイの地方(?)に根を下ろして、ローカルとウィンウィンの関係で新しい事業に挑む社長さんの顔は眩しかったです。

新工場ができた頃にまた是非来てください、という声を後に、こちらも何か将来に向けたエールを送られたような感じで、意気揚々とバンコクへ引き上げました。

弁理士会東海支部講演会その2

金曜日, 2月 15th, 2013

続いては自動車関係の会社の知財部長のお話でした。

最近は新興国(ブラジル、インド、ASEAN等)に対する知財戦略を真面目に考える必要が出てきたとのことです。

この場合、特許のみならず、契約やブランド等も含めた広い視野で考える必要があるようです。

これだけ生産販売がグローバル化すると、知財制度が未だ上手く機能していないところもある特に生産国での効果的な技術保護が問題になってきているものと思われます。

自動車が社会的インフラになるにつれ、関連する技術分野が飛躍的に増加しつつあり、最近は電子決済等の金融業の技術までウォッチしていく必要が出てきた、とのことです。

また、最近は米国等において、買い占めた特許で莫大な賠償金を請求してくる、いわゆる特許トロール会社に悩まされている、とのことです。

このような会社はバックに投資家がついており、豊富な資金力にものをいわせて大々的な訴訟を仕掛けてくることが多いとのこと。

米国では訴訟において相手側に書類の提出を求めるディスカバリー(開示)制度があることから、これが大きな負担になるそうです。

さらに最近は中国で特許訴訟が頻発しており、中国に対する知財戦略の重要性が以前にも増して重要になっているようです。

そこで、有力な技術情報源である特許公報の分野別調査を徹底して、特許マップ等から将来技術を予測し、あやまりなく事業遂行ができるように注意を払っているとのことです。

大きな会社になればなるほど、知財上の問題が指数的に増大して、多くの人材と労力を必要とするようです。

弁理士会東海支部講演会その1

水曜日, 2月 13th, 2013

2月8日に弁理士会東海支部主催の講演会がありました。

まずは大学の先生の講演でした。

自動車に対する私のイメージは長らくの間、内燃機関で走る四輪車という感じでした。

ハイブリッドが現れてそのイメージは少し変わりましたが、まあエンジンに代えてモータ走行も可能になっただけ、という程度の認識でした。

燃費は良くなるのでその分化石燃料の消費は減るのでしょうが、バッテリの製造や廃棄に環境負荷がかかるので本当に環境に優しいのか疑問、と書いた本もありました。

それはさておき先生のお話によると、最近はプラグインハブリッド車において試みられているように、自動車が緊急時の電源となるような使い方がされ、従来の、単なる移動手段のイメージが覆りつつあるとのこと。

ハイブリッド車が燃料電池車になれば、これは「くるま」が小さな発電所になることを意味するから、各家庭が車から自前で電気を作ることになり、電力会社による電気エネルギーの供給負担が軽減されます。

さらには細やかで自由な制御が可能な電気自動車ならば、これらの走行を全体管理するITSの適用によって交通網全体のエネルギー消費の低減が可能になるはずです。

このようなハイブリッド車や電気自動車は、従来のエンジン車に較べて、開発途上国でも容易に作れるかというと、決してそうではない、とのことです。

330Vのモータ駆動用の大電流と通信用の弱電の分離をどのようにするかとか、なかなか難しいクリアすべき技術的課題が横たわっていることから、まともな電気自動車は日米欧の先進国でないとできなのではないか、というわけです。

いずれにしても、これからの自動車は、航空機産業や電気産業等の他分野の技術を広く取り入れた総合技術的なものになるのではないか、というお話でした。

JIPAの知財シンポジウムその2

水曜日, 2月 6th, 2013

先回の続きです。

件のシンポジウムは第1部が「アジア諸国の知財制度への期待と可能性、知財戦略を考える」、第2部が「アジアでの今後の知財アクティビティの考察」というテーマのパネルディスカッションでした。

第1部も第2部も、談論風発のディスカッションというよりは、最初に各自の発表があり、その後はモデレーターの指名順に発言するという感じのものでした。

第1部ではタイ、シンガポール、インドネシアの各特許庁長官が自国の知財制度の現状と特徴、並びに特許・商標等の出願状況を説明しました。

いずれの国についても日本からの出願件数は外国出願の3位以内に入っており、特にタイでは日本からの出願がダントツの一位です。

そして各国とも未だ出願処理や権利行使において先進国に遅れを取ってはいるものの、着実に改善の努力がなされており、これについて日本のさらなる協力が期待されているとのことでした。

第2部はいくつかの大企業のASEANにおける知財活動が語られました。

各企業とも総元締めは日本の本社知財部がやり、現地にも知財機能を置いているとのこと。

現地子会社への技術移転契約やノウハウの管理、模倣品対策等が出願活動にも増して重要だとのこと。

出願は今のところ、現実に権利行使を考えるよりは、将来的には各国知財制度がもっと機能するようになるだろう、という期待の下に出しているようです。

本社知財部の役割としては、各国の現地知財部の要員の教育と、それ以上に現地子会社からのライセンス料等を如何に本社に効率的に還流させるか、だとのこと。

私の予想の範囲内で、余り目新しい話ではありませんでしたが、予想通りであることを確認できたことは良かったかな、と思います。

大企業の知財部が行っているこれらのことを、中小のクライアント様の知財部として弊所が如何に果たしていくか、この辺りが私たちの責務と思っています。

JIPAの知財シンポジウムその1

月曜日, 2月 4th, 2013

先週の金曜日(2月1日)に日本知的財産協会(JIPA)の知財シンポジウムが国際会議場でありました。

JIPAは主に大企業の知財部が加入している団体で、日経連の知財版です。

さすがにお金があるようで、第1部のタイ、インドネシア、シンガポールの特許庁長官が出席したパネルディスカッションは同時通訳付きでした。

私は英語力を鍛えるために(?)イヤフォンを英語チャンネルに設定して聞きました。

何故英語チャンネルがあるかというと、会場の出席者には外国人も一定の割合で混じっており、インドネシアの長官は英語ではなくインドネシア語ですし、モデレーターやJIPAのパネラーは日本語なので、彼らが発言する時は英語の同時通訳が流れるようになっているのです。

同時通訳の英語は発音がきれいで、もともと日本人なので聞きやすいです。

シンガポールの長官の英語も、流石に英語が公用語だけあって聞きやすいです。

イヤフォンは片耳に付けているだけなので、付けていない側の耳には発言者の日本語が聞こえてきます。

聞くまいと思っても、日本語はすらすらと耳に入ってきてしまうんですねー。

そこへいくと、英語は集中して聞いていないと、すぐ解らなくなります。

いやー、母語というのはおそろしいですね。

聞くまいと思っても聞こえてきて内容が解ってしまうんですから。

早く英語もこの段階にならないですかねー。

なんて言っているうちに、紙面が尽きました。

この続きは次回です。

空洞化はウソ?

水曜日, 1月 30th, 2013

タイ王国政策顧問(通産省出向?)の松島大輔氏による「空洞化のウソ」(講談社現代新書)という本を読みました。

それによると、大企業とこれに付いて多くの下請企業が海外へ出て行ってしまうため国内産業が衰退する。

いわゆる空洞化は、ウソである、とのことです。

今や中国、インド、東南アジア(新興アジア)へ出て行った現地日系企業の稼ぎとその仕送りで日本の本社が生き残っているのが現実で、これからの日本が生き残る道は、新興アジアへ打って出る以外にない、というのです。

そしてその際、注意すべきは、磨きぬかれた日本の技術をそのまま出すのではなく、現地化させた日系企業によって、日本の技術を現地のニーズに応えるようにモディファイして提供することが大事だとのこと。

大企業の下請けとして既に進出している企業を除き、これから進出しようとする企業は現地で系列の枠を外れた厳しい競争にさらされる。

その場合に必要なのが現地の消費者ニーズに応えた形で日本の技術を売り込むことであり、このためには新興アジアに進出した子会社に多くの権限を委譲して現地化を図ることが必要だというのです。

つまり現地子会社で現地の人を大胆に採用してマネージャーとして育て、日本で磨きぬいた技術をコア技術として子会社にライセンス供与するとともに、コア技術に現地ニーズに合わせた表皮技術を被せて売ることで現地消費者に受け入れられることが大事。

新興アジアで韓国勢や中国勢に遅れを取っているのは、日系企業の現地化が遅れて現地ニーズを的確に汲み上げていないからである、というのです。

日本はこれからは新興アジアの子会社からの配当やライセンス料収入を受け取り、これを本社での新たな雇用や技術開発の原資としていくべきで、このように考えると、今騒がれている国内産業の空洞化なぞは起こりようがないのだそうです。

うーん、確かにそういう面があるのは認めますが、私の周りの多くの中小企業や農業や林業のことを考えると、松島氏の論にも全面的には賛成しがたいのですが、如何でしょうか。